初心者のためのレーザー脱毛

レーザー脱毛の副作用について - 初心者のためのレーザー脱毛

初心者のためのレーザー脱毛 > レーザー脱毛の副作用について

レーザー脱毛の副作用について

レーザー脱毛で副作用があるのかないのかというというのは、非常に重要な問題である。
無事に脱毛処理したとは言え、副作用によりまた別の悩みが出てしまうようではかなわないだろう。
レーザー脱毛はひとつの医療行為だ。
脱毛と引き換えに何かをというものではない。
しかしながら100%副作用がないということでもないので、それについて代表的なものを上げてみたい。

レーザー脱毛の副作用として、まずはレーザーによる肌に赤みが生じるということだ。
レーザーは黒色や茶色といったメラニン色素に影響を与えている。
ところがその周辺組織にまで影響を及ぼすことはどうしても避けられないということだ。
この赤みについては施術後の初期段階であり、数時間数日で回避されると言われている。

またレーザーによるやけどがある。
レーザーの照射出力が高ければ高いほど、その可能性は高くなってしまう。
要するに皮膚がレーザーに過剰反応をおこさせればやけどという症状は出てしまいやすいというのだ。
しかしこれもやはり一時的なことでやがては回避されるのだ。
これまでにやけどとして治癒に至ったケースは皆無といっていいほどなのだから。

レーザー脱毛の副作用を避けるためには、身体を温め過ぎないということが大事である。
長時間の入浴やサウナは避けたい。
また日焼けなどにも十分注意したいものだ。
レーザー後の肌は非常に敏感な状態にあるため、それだけいたわる必要があるということを覚えておきたい。

レーザー脱毛の副作用による内臓疾患や皮膚がんなどの心配をされる人もいるようだが、それはまったく心配ないと言ってよい。
レーザーは皮膚表面から3ミリ程度のところまでしか届かず、血管や内臓にまで影響することはなく、皮膚がんは紫外線が原因となっており、レーザーは紫外線ではないのでその心配はないのだ。

top